★日本語版はこちら
TONY PONY
Tony is a lifelong fan of ponyplay and females riding males in any conceivable way.
He has a passion for spurs on bare feet and younger riders, and riding more in the sense of mutual fun rather than a mistress/slave relationship,
He lives in the United States.

Our friendship started when he mailed me for the first time in the summer of 2007.
In the mail, he wrote 
"
I can tell your philosophy and mine are very closely aligned."


He attached two documents with his second mail.
They were titled as
"MY HISTORY AS A HUMAN HORSE"
and
"MY PHILOSOPHY OF HUMAN HORSES".

Reading them, I understood what he said in his first mail.
Yes. His philosophy and mine are very closely aligned indeed!
Here I post the documents with his permission.

"MY HISTORY AS A HUMAN HORSE"  by Tony Pony
 "MY PHILOSOPHY OF HUMAN HORSES"  by Tony Pony
"An INTERVIEW with TONY PONY" (Sept.19,2010)


back to INDEX of "Femdom Association"
back toMAIN MENU      (English)
back to MAIN MENU      (Nihongo)




トニー・ポニーさん
トニーさんは、子どもの頃からずっとお馬さんごっこが好きだというアメリカ人男性。「若い女性騎手が素足に拍車」というスタイルに最も感じるとのこと。また、「女主人とドレイ」という関係よりも、互いに楽しむお馬さんごっこ、というスタンスです

トニーさんと知り合ったのは、2007年夏、弊サイトへメールを下さったことがきっかけでした。そのメールには、
「貴殿の価値観は、私のそれにとても近いんじゃないでしょうか」
なんて書いてありました。

彼から来た2番目のメールには2通の文書ファイルが添付されていました
「人間馬としての我が遍歴」
「私の人間馬観」
という題名でした。
そのファイルを読んで、彼が最初のメールに書いたことが納得されました。
確かに、彼のお馬さんごっこに寄せる想いは、愚仙人にとても近いようです!

トニーさんの許可を得て、その二つの文書をアップします。

「人間馬としての我が遍歴」 by Tony Pony
 「私の人間馬観」 by Tony Pony
トニー・ポニーさんに聞く (聞き手:馬仙人) 2010年9月19日up


back to INDEX of "Femdom Association"
back to MAIN MENU    (Nihongo)
back toMAIN MENU      (English)