私の人間馬観

by トニー・ポニー


 まず最初に、私は、あらゆるタイプの人間馬プレイのよさを評価するにやぶさかではないことを申し上げておかねばならない。
調教師の打ち鳴らすムチのもと、調教の成果たる見事な足並みを披露する、美しいショウ・ホース(実際には人間の男性もしくは女性なのだが)。
二輪の軽馬車につながれ、座席の飼い主にムチ打たれながら、全力を尽くして重荷を牽く馬車馬。
私は、こういったタイプのお馬さんごっこを、人目につかない所で楽しんだり、あるいは、公然と実行している人たちに対して、惜しみない賞賛を送りたいと思う。
この二つの型の人間馬は、何百年も実践されてきたし、"Equus Eroticus"誌をはじめとして、世界中のウェブサイトなどによく登場してもいる。

 しかしながら、これは私のページなのだから、ここでは、私自身が気にいっているタイプの人間馬について語らせてもらうとしよう。つまり、跨って乗るタイプの人間馬と、その人間馬に乗る女性たちについてだ!

 人間馬に乗る女性。その光景には、独特の、グッと来るものがある。女性が男を馬にして両脚に挟み、ムチと拍車で支配するという状況には、どこかきわめて直裁に官能を刺激するところがある。
 彼女は、人間馬に拍車をかける。そのテンポによって、馬を望むがままの速度で進ませるのだ。ゆっくり歩かせたり、駆け足させたり、あるいは、全力疾走させたり。そんな風にして、心行くまで人間馬を乗りまわす。馬にされた男は、背に跨る彼女に強制されて、ただひたすら進むのだ。
 
 しかし、彼女と人間馬とは、必ずしも、「女主人と奴隷」といった関係ではない。
 乗用馬は、普通、乗り手よりも力が強く、その気になれば彼女を振り落として逃げることもできるし、さらには、彼女に危害を加えることだってできる。ただ、彼は、敢えてそうしないで、自分の肉体も力も、乗り手たる女性に快く捧げ渡して、彼女の快楽に奉仕するのだ。
 一方、女性は愛馬を、ペットとして甘やかす。よい餌を与え、十分に毛づくろいをして、完璧に健康を保つよう注意を払う。彼女への被乗奉仕を長く、何度もつづけさせるために。
 なるほど、女性騎手は、その日限り借りて乗る駄馬などに対しては、これを虐待することもある。拍車で無慈悲に苛(いじ)め抜き、挙句に、疲労困憊して潰れたら、さっさと乗り捨ててしまうのだ。
 しかし、彼女自身の持ち馬ともなれば、彼女が自慢し、世話を焼くに値する・・・恐らくは、彼女の愛情にさえ値する、そんな存在なのである。

 ところで、人間馬プレイを楽しむ人なら誰しもこういう考え方や感じ方をするのかというと、決してそうではない。「普通のSMプレイ」の一環としてMに跨るSは多い。その場合の人間馬騎乗とは、女主人が奴隷を辱め、支配するための、様々な項目の一つに過ぎない。

 お馬さんごっこに熱中する人の中には、本物の馬と全く同じ扱いを受ける「完全な馬化」を志向する人もいる。納屋に飼われ、ナマの穀物を餌として与えられ、ホースの水で洗われて、ブラシをかけられ、丸裸の躰にわずかな馬具を附けただけの姿で乗られ、どこか人目につかないような地所にある広場や草地を乗り回されるのだ。

 あるいはまた、騎り手の女性は、至高の存在、神聖なる女神であって、彼女の足が地面に触れることさえ畏れ多いとする人もいる。彼女が奴隷や下僕に乗るのは、ただ移動という目的のためだけであって、つまり奴隷や下僕は、行きたい場所に行くための道具に過ぎない。

 しかし、私にとって、人間馬プレイとは、性的な「ゲーム」であって、女性と男性とが愛を確かめ合うための、とてもエロチックな前戯なのである。
 馬になる男性は、本物の馬ではないし、単に奴隷というわけでもない。彼は彼女の恋人で、お馬さんごっこというゲームは、二人の性生活の中で特別に心躍らせる一部分なのである。彼は、彼女を最高に喜ばせようと、自分の逞しい躰をどう使うかの決定権をいっさい放棄して、その全てを彼女の支配に委ねる。彼女がその支配を強制するのに用いるムチと手綱と拍車は、彼にとって、彼女に捧げ渡した"力”の、甘美なるシンボルなのだ。

 また、ここで言っておかねばならないのは、このサイトやその他のところに書いてあることと矛盾するかもしれないが、人間馬プレイというゲームは、常に、二人の同意のもとに行われなければならない、ということである。人間馬は、肉体的にきつい活動だが、あくまでも恋人同士が耽る、エロチックな戯れであって、相手への尊敬と愛情にもとづかなければならないのである。

 こうしたタイプのお馬さんごっこは、人の歴史が始まって以来、随所に出てくる。これまでに実在した文化や社会で、「人間馬に乗る女性」に関する言い伝えや風習が全くないものは、殆ど皆無に等しい。
 かなり古典的で有名な例としては、かの驚嘆すべきフィリスが挙げられよう。彼女は、何度もアリストテレスを馬にして跨り、宮殿の部屋や庭を乗り回した。当代切っての知性の持ち主にして、アレキサンダー大王の教師でもあり、恐らくは当時最も尊敬されていた男性が、四つん這いになったところに、可愛いフィリスが笑いながら跨って、ピシピシとムチをくれ、手綱をしぼって、「あっちよ!」「今度は、こっち!」と操ったのである。
 この事例が見事に描き出したように、とても頭がよく、「感情に流されずに、よく考えて物事を行うことが何よりも大切だ」と考えているような男性でも、若く可愛い女性にかかったらイチコロで陥落し、彼女の乗用畜にまで成り果てかねないのだ。全ては「愛」の名のもとに。

 ロシアの女帝、エカテリーナU世は、その強大な権力を恣(ほしいまま)にふるったが、男性を虐待することにかけても伝説的な業績を残している。彼女に仕える近衛兵は、いつ何時、彼女に去勢されたり、気まぐれに処刑されたり、色々な種類の拷問を受けたり、といった災難が降りかかるか、知れたものではなかった。また、彼女は、馬や男を乗り回すことにかけても有名で、ウワサによると、彼女が命を落としたのは、蹄の付いた乗用畜と性的な行為に及ぼうとする最中だったという。

 伝えられるところによると、クレオパトラもまた、肌が透けて見えるようなシルクの部屋着をまとって、下僕や衛兵に乗るのが大そう好きだったらしい。もっとも、彼女がマルクス・アントニウスにも跨ったという話は、聞いたことがない。人間馬に乗る際に、拍車かムチを使ったということすら、確かめられてはいない。しかし、特別の女性は、裸足の踵と激しい気性によって、乗用馬に対して完全なる支配力を及ぼすことができるのだ。

 私がお馬さんごっこに惹かれる理由は多岐にわたる。
 騎り手も馬も裸、もしくは半裸である場合には、汗ばんだ肌と肌とが心地よく触れ合う。
 騎り手の体重を背にずっしりと感じ、彼女の骨盤が背骨に押し当てられてグリグリとエロチックに上下し、彼女の脚が胴をぐるりと挟んできつく締め付け、彼女の拍車とムチのリズミカルな刺激によって快楽の階段を昇っていき、さらには、勃起した陰茎を彼女の足で小突かれたり、こすられたりすることさえある。一体このどれが好きにならずにいられようか? 
 私は、また、人間馬の騎士道的な要素も好きだ。古の貴族が、高価な外套を地面に敷いて、貴婦人が通りを渡るに際して靴がぬかるみに汚れないよう取り計らったというが、それと同じように、人間馬は自分自身の筋骨を地面に伸べて、彼の恋人が楽しく騎乗できるようにし、彼女の性的な喜びを深めようと、力の限りを尽くして頑張るのである。

 男に乗ることに惹かれる女性の気持ちは、私にはよくわからない。
 いつ頃、何がきっかけで、そうした支配願望を抱くようになったり、自分のそういう願望に気づいたりするのだろうか? 
 ひょっとしたら、彼女は幼い頃、クリスマスに、前から欲しくてたまらなかったカウ・ガールの衣装セットをプレゼントされたのかもしれない。大喜びで衣装を身に付け、パパにせがんで馬になってもらい、背に乗っかって、クリツマスツリーの周りを廻ってもらった。オモチャの拍車をあてると、パパは命令に素直に応える。その時、共通の愛情で結ばれているのを感じ、それが、彼女が男性を支配する喜びを味わう最初の経験となったのかもしれない。
 あるいは、娘時代にプールで楽しんだ水中騎馬戦。密かにお熱だったクラスの男の子の肩に跨っていて、太腿の間がある種の温もりを帯びていくのが感じられたのだ。
 または、十代の頃、コンサートを見に行って、男友だちに肩車してもらい、彼が疲れたと言い出した後もずっと肩車に跨りづけたとき、自分は彼に、ずっとずっと長く乗っていくのが好きなんだと気づいたのだろうか。
 彼女らの「男馬に乗りたい」と願望を生み出しているものはなにか、知ることができたらなあと思う。そうしたら、もっともっと多くの女性に、その願望を植え付けることができるではないか!

 私は、女の人が拍車を着装して私に跨り、私を激しく乗りまわして楽しむひと時が、何にもまして大好きだ。彼女に、「もっと遠くへ! もっと速く!」と駆り立てられて、私は「これ以上はムリだよ」と思っていたのに、一層スピードを上げさせられ、さらに遠くまで走らされるのである。
 
 また、私は女の人の美しいナマ足を熱愛している。だから、女の人が素足に拍車を装着し、被乗の前や、被乗が終った後や、あるいは被乗の最中に、その拍車にキスしたり、舐めるよう強いられたりしたら、天にも昇る心地だ!

 まあ、男性がどんなわけで女性に乗られたいと熱望するようになり、また、女性がどんなわけで男性に乗りたいと熱望するようになるかはさておき、二人の気が合って、このステキな桃色遊戯を楽しむとき、まさに官能の魔術に酔い痴(し)れるのである!

 もしも貴方が、女性が男性を馬にして乗ることを考えて昂まる、という方で、貴方の想いや妄想を話してみたいと思われたら、下記まで直接お便りをください。
tonypony@hotmail.com

楽しき哉、お馬さんごっこ!

トニーポニー


back to  top page of "Tony Pony"
back to INDEX of"Femdom Association"
back to MAIN MENU  (Nihongo)
back toMAIN MENU      (English)