人間馬としての我が遍歴
by トニー・ポニー

 私が、女性の馬になる悦びに目覚めたのは、まだほんの子どもの頃、8才か9才の時だった。従姉妹の家に行っては、何時間もお馬さんごっこに興じたことを覚えている。私が乗り手になることもたまにはあったが、大抵は私が馬になった。
 当時彼女らはオモチャの拍車を持っていた。懐かしの乗り物玩具「西部の荒馬マーベル」に付いていた、プラスチック製のやつだ。乗り手は必ずその拍車を靴の踵にとり付けて、お馬さんに跨り、家中乗り回したものだ。
 ある年かさの従姉は、靴が大きすぎたのか、拍車をうまく靴に装着できなかった。そこで、素足につけて、私の背に乗った。従姉は私より体格が大きく、彼女を乗せて這い回るのは辛かったが、脇腹に拍車を蹴込まれつづけて、必死の思いで這ったのだった。
 それだけではない。なんと従姉は、私に乗って階段を上がろうとしたのである。二階にたどり着くまで、ひっきりなしに拍車を入れ、
「もっと速く!ハイシ、ハイシ」
と叱咤した。
 やっと二階にたどり着いた私は、すっかりへとへとだったが、こんどは他の幼い従妹らが、同じように私に乗って階段を昇らせたがった。もちろん、拍車を使って。中には、衣装棚から木製のハンガーを持ち出して、ムチ代わりに使う子もいた。

 因みに、長い間製造中止になっていた「西部の荒馬マーベル」だが、最近私は、これが再びオモチャ屋で売られているのに気づいた。ところが、新しいセットには拍車は含まれていない。ガッカリだ。

Marvel the Mustang

 十代半ばの時分には、ベビーシッターのバイトをしていた。
 夫婦揃ってパーティーなどに出かける時に、留守番を兼ねて子どもの面倒を見る仕事だ。
 私は、親にも子にも好評のベビーシッターだった。
 親に評判がよかったのは、私の顔立ちが端整で、責任感も強かったからである。
 一方、子どもらに人気があったのは、私が素晴しいお馬さんだったからだ! 
 中には、パパとママが連れ立って出かけるや、すぐに私の背に飛び乗って、一晩中私を乗り回す子どももいた。
 特にお子ちゃまたちのお気に召したのは、私が彼らの言うがままに歩く、素直で馭しやすい馬ではなかったことだ。私は荒馬で、子どもらが私に乗ろうと思えば、まずは私を征服して、調教しなければならないのだった。
 興が乗ると、私は、ベルトを何本か持参して、子どもらに手綱やムチとして使わせた。さらに私は、オモチャの拍車(今度のは、金属製だった)を買って子どもに貸し与えたりもした。子どもはその拍車を使って、野生馬の私を馴らしつけたり、私を駆り立てて、思う存分のスピードで、心ゆくまで走らせたりできるというわけだ。
 男の子も女の子も私に乗ったが、坊やよりもお嬢の方が夢中度が高いのが常だったたように思う。お嬢は、手綱やムチ・拍車の使い方がきつくなりがちだったし、乗りたがる回数も多く、しかも一回当たりの時間もずっと長かった。凝った筋書きや、ホース・ショーのアイデアを考え出す女の子も少なくなかった。そうしたストーリーに沿って、私は、お嬢に飼いならされた挙句、お嬢を乗せて力の限りを尽くすよう強制されるのだった。

 やがて私も年頃になり、女の子とデートするようになった。付き合った女の子のほとんど全員が、私に乗ったことがある。それがどの程度好きかは人によって温度差はあったが、中でも最高の乗り手で、熱中度も一番高かったのは、私が学生時代にデートした娘だった。
 彼女をレイチェルと呼ぶとしよう。
 私たちは、付き合い始めてほどなく、互いにお馬さんごっこが大好きだということに気づいた。彼女は何度も私に乗った。二人きりのこともあれば、人目に付く場所でプレイしたこともある。
 最初のきっかけは、他のカップルとの他愛ない合同デートでのプレイだったが、後にはそれが一連の人間馬競走へと発展していったのだ!

 学期末のことだった。夜遅く、私はレイチェルと一緒に劇場のロビーにいた(遅い時間にそんなところに入れたのは、私が劇場と同じ建物にある大学のラジオ放送局でバイトをしており、その関係で、建物のカギを預かっていたからだった)。私たちのほかにベッキーとダグのカップルもいて、四人はクラスのイベントにむけての共同作業に励んでいた。
 何時間も作業をつづけたので、一休みして、気分転換に何か面白いことをしようということになった。
「お馬さんごっこ競走なんてどうだい」
私が冗談半分に言ったところ、なんと、嬉しいことにレイチェルもベッキーもやろうやろうと大賛成したのだった。
 邪魔物を片してコースを作り、ダグと私は四つん這いになった。ベッキーがダグに騎乗すると、レイチェルは私の背中に文字通り飛び乗って、裸足の踵を私の脇腹に突き立てた。レイチェルは前かがみになり、私の耳元でささやいた
「速く走るのよ。でないと、ムチが飛ぶかもね」
 私たちは一斉にスタートした。
 私はロビーの端まで懸命の速さで這った。私の背にぴったりと貼り付いたレイチェル。彼女の太腿が、私の胸郭をぎゅっと締め付けていた。
 ロビーのどん詰まりで方向転換をし、ゴール目指して戻った。ゴール直前の追い込みでは、レイチェルは片手を私の肩から外して、私の尻を数回叩(はた)いた。レースは、楽勝だった。
 レイチェルは興奮して顔を火照らせ(それは私も同じだったが)、
「勝利の一周をしなくちゃ!」
と言った。膝小僧を下に向けた姿勢で私に跨り、踵と股の動きで駆り立てて走らせながら、両手を挙げて勝利のしるしにひらひらと振るわせた。
 勝利の一周が終ると、ベッキーが、先の競走は不公平だったと文句をつけた。私の方がダグよりも明らかに馬として優れているというのだ。それに応えて、レイチェル。
「いいわ。じゃあ、馬を交換して、もう一回やりましょう」

 こうして、今度はレイチェルがダグに乗り、ベッキーは私の背を跨いで腰を下ろした。ベッキーは演劇を専攻する美人だったが、レイチェルのように小柄ではなかった。ベッキーの体重はずっしりと私の背骨を圧した。
 今もまざまざと覚えているのだが、彼女の足は実に美しかった。私が顔を下に向けた時、両腕の間に彼女の足が見えたのだった。私が見たのは、まさにその二つの足が、二度目のレースをスタートさせようと、私の下腹を二度蹴り込んだ瞬間だった。
 ダグは飛び跳ねるようにして、先ずはレースのリードをとった。何しろ彼の騎手は軽いのだ。
 しかし、ベッキーと私はほどなく調子を合わせることができるようになり、折り返し点ではダグに並んだ。目の端に、レイチェルの姿がちらりと見えた。レイチェルはダグの背の上で躰を前倒しにし、私にしたようにダグの脇腹をムチ打っていた。ギラつく彼女の眼。そして.....その頬に浮かぶのは、性的興奮による紅潮だろうか?

 それはともかく、ベッキーは馬を蹴るのが好きなようで、ゴールが迫るにつれ、私は彼女の踵にゴンゴンと打たれつづけた。その蹴りが効を奏して、私たちはレイチェルとダグに辛うじて勝つことができた。ダグはへとへとだった。
 当然ながらベッキーも「勝利の一周」をやった。両脚を私の体にぐるりと巻いて、きつく締め付けたので、私は息もできないほどだった。レイチェルはダグに跨ったまま待っていたが、ベッキーと私が一周を終えると
「もうひとレースやって、決着をつけない?」
と言った。
「いいわよ」
とベッキー。
「でも、私、トニーに乗るわ。彼、最高の馬ね!」

「トニーは、私の馬よ。私が、トニーに乗るの」
強く言い張るレイチェル。
そのとき、ダグが、膝が痛くて堪らない、もうこれ以上やる気なんて、さらさらないと言い立てた。
「トニー、あなたの膝はどう? もう一周ぐらいできそう?」
レイチェルが訊いたので、
「僕は大丈夫だよ」
と応えた。
「よし、それじゃあ、私たち二人してあなたに乗るわ」
とレイチェル。
ベッキーの後ろにレイチェルが跨ったとき、私は危うくニヤケ笑いを浮かべそうになったものだ。二人の裸足の女学生は結構な重さだったが、私は断乎ガンバリ抜く決意を固めた。
レイチェルは踵で私を蹴ろうとして、間違ってベッキーの向こう脛を蹴ってしまった。
「痛ぁい」
とベッキー。
「これじゃあ、うまくいかないわ。役割を決めましょう。私は進む方向を決めたり、蹴ったりする。あなたは、トニーが遅くなったら、お尻をピシャッとやるのよ。いい?」
「わかったわ!」
レイチェルは上機嫌で答えると、私のお尻をはたいて、
「ハイシ、お馬さん!」
と叫んだ。
ベッキーに蹴られて、私はゆっくりと歩を進めた。二人の小さな騎手を乗せて、ロビーを這い廻る。ベッキーは私の髪の毛を両手で掴んで操縦し、大きな輪を描かせたり、8の字を描かせたりしたので、歩行距離は随分長くなった。
 全く、何と言う官能的なひと時だったことか! 素足の美人騎手が二人、私の背中を圧して、進め進めと駆り立て、耳元で、
「まあなんて良い馬かしら」
なんて囁く・・・まるで昨日のようによく覚えている。二人の体の温もりが、彼女らの履くジーンズと私のTシャツとを通して伝わってくる。いついつまでも這い続けることができただろう。

 その後の成り行きはというと、ベッキーは二度と再び私に乗ることはなかったが、レイチェルと私にとっては、それが心ときめく人間馬プレイの始まりとなった。実際、彼女はその夜のうちに再び私に乗ったのである。

 クラスの出し物の準備が終わったのは、真夜中の1時過ぎだった。その後私たち四人は劇場そのものの中に入った。私は舞台エレベーターのエンジンを掛け、私たちはエレベーターで地階へと降りて、小道具室に入った。いろいろな舞台衣装を着けてふざけたり、ちょっとイチャついたりしたが、ほどなくベッキーとダグは帰っていった。
 やがてレイチェルがエレベーターに乗って上の階に昇っていった。私は、エレベーターがゆっくり昇り始めると、楽屋と舞台を結ぶ階段を駆け上った。果たしてエレベーターより速く舞台にたどり着けるものか試してみたのだ。私はエレベーターの穴の縁で跪き、レイチェルがエレベーターから出てくると、ある雑誌で読んだ一節を口にした。

「奥様、馬の準備は整いましてございます」

「よろしい!」
レイチェルは言うと、私の背に乗った。
「今日は、田舎で遠乗りを楽しみたいわ」
レイチェルの素足の踵が私のわき腹を蹴りつけた。彼女は私を舞台から観客席の方へと向かわせた。舞台から階段を降りるのはやや危なっかしい作業だが、レイチェルはそのほっそりとした両脚で私のあばらをしっかりと締め付け、私の腹部で両足を互いに固くからませつつ、躰をのけぞらせる姿勢をとって、何とか無事に客席のフロアまで降りることができた。

 客席のフロアにつくと、レイチェルは歩調を上げさせようとした。
「ハイシ、ハイシ。もっとスピード上げて!」
レイチェルの蹴りは以前よりきつくなっていた。何しろ、二度目のレースでのベッキーの踵の効き目を見てしまっている。劇場は、客席が五百以上もある広さで、後ろに向かって緩やかな上り坂になっていた。レイチェルは私を駆って一番後ろの席まで昇って行った。最後列に着くと、私の髪を引っ張って方向を変えさせ、椅子席の後ろの、広い通路へと進めさせた。
「フルスピードはどの位かしら、見てみましょう。ハイシ!」
レイチェルは踵でこづくと、上体を私の体に重なるぐらいかがめた。
 私は、我が小さきダンサーを乗せて、通路の端から端まで全力疾走した。しかし、なにしろその距離が、前にレースをしたロビーよりもずっと長く、私は全速を最後まで保つことができなかった。レイチェルはひっきりなしに蹴ったり、脇腹やお尻を平手で打ったりして、責め励ましてくれたのだが。
 座席の一番端の列についたとき、髪をグイッと引っ張られて、騎手の「止まれ」という命令を感じた。その命令に喜んで服従した。もうすっかりヘトヘトになっていたので、一息つく必要があったからだ。
 レイチェルは私の脇腹を軽くたたいて、
「何てスゴイ馬なんだろう」
と言ってくれた。彼女のお尻と私の背中が触れあっている。衣服を通して伝わる、レイチェルの体温と汗。私が背を少したわめて、レイチェルの股の下に僅かな隙間をつくると、彼女は吐息をついてよりかかり、セクスを私の背に擦り付けてきた。両脚で私を挟みつけながら。
 
 ほどなく彼女は上体を起こし、蹴りを入れて、私を再スタートさせた。舞台に向かって坂をゆっくりと下りる。舞台に着くと、彼女は私を操縦して向きを変えさせた。私が十分回復しているのを見て取ると、私のお尻を平手でぴしゃぴしゃと叩き、太腿を固く締め付けて、素足で私の腹をポンポン蹴った。私の方は覚悟ができていたので、息が上がってしまわないよう、調整しつつ、全速で舞台を跳ね走った。
 暗い舞台の上で一時間ほど、全速で駆けたり、速足で走ったりした。
 レイチェルは、私の速度や強さを念入りにチェックし、彼女を背に私がどこまで出来るか見極めつつ、巧みに乗りこなした。
 彼女は、また、跨ったままで私を「励ます」にはどうすればよいか、そして、どの程度激しくすればよいのか、といったこともいろいろ試した。
 私を休ませるときには、私の背の上で躰を揺り動かし、背をたわませるのだった。
 さらには、私に跨ったままドアを開け、ロビーに出て、広いロビーを行ったり来たり乗り回したものだ。ロビーの外壁は床から天井までガラス張りだった。夜更けだったので人に見られる恐れはなかったが、これがきっかけとなって、後に私たちは何度も、人目に触れかねない場所での騎乗を、プレイの一部として楽しむようになった。
 
 このことがあってから、構内を二人で歩いている時など、レイチェルが私の背に飛び乗ってきたりするようになった。私は、彼女をおんぶして運ぶのだ。
 フットボールの試合やコンサートを見に行った際などには、レイチェルを肩車して歩いたものだ。そんな時、二人が本当にわくわくしたのは、彼女が誰にもそれと気づかれないようなやり方で私を馭し、支配したことだった。私の体にほんのちょっとの圧迫を加えたり、太腿で締め付けたり、手綱代わりに私の髪をツンと引っ張ったり、踵で軽く蹴たりして。
 一度など、四つん這いの背に彼女を乗せて、フットボール競技場の端から端まで走ろうとしたことがあった。どれ位の時間で走れるか、試してみようというわけだ。真夜中の二時だったので、二人のほかは誰もいるはずがないと思っていたのだが、100ヤードを全速で駆けて、もうすぐゴールというときに、突然誰かが手を叩く音がしたのだった! 
 警備員だった。警備員は私たちを叱りつけ、競技場から追い出した。私たちは寮の部屋に戻るとすぐに裸になり、少しばかりプレイのつづきをした。
 それにしても、くだんの警備員はどれ位の時間、私たちを見ていたのだろうか…

 こんな風にいろいろあったが、私たちの一番のお気に入りといえば、室内で、互いに全裸に近い格好になり、四つん這いになった私の背に彼女が跨るというスタイルだった。
 レイチェルは、拍車とシルクのパンティー(彼女はそれを「騎手服("jockey silk")」と呼んだ)のほかは何も身に付けないで跨るのが好みだった。彼女の綺麗な素足に装着された拍車にはうっとりとさせられた。8〜9才の頃、「西部の荒馬マーベル」についていたプラスチックの拍車が初めて私の脇腹につき立てられたあのとき以来、拍車を見ると、女騎手が馬を支配する様子が即座に思い浮かぶのだ。

 幸運なことに、レイチェルが寮に個室を割り当てられており、しかも、その部屋は、お馬さんごっこをするのにうってつけの広さだった。交際が深まるにつれて私たちは互いの人間馬に関する願望や、これまでの体験を語り合うようになった。
 レイチェルは、子どもの頃、お姉さんからムリやり馬にされ、嫌々ながら乗られたことがあった。だから、私に乗ると、支配の快感と性的な喜びを感じるのだそうだ。
 私もレイチェルに子ども時代のお馬さんごっこ体験や願望を話した。

 ある日、アニメの「クマ公ヨギー」で、一人の子どもがヨギーを散々に乗り回す場面について話したことがあった。レイチェルがそのストーリーに大いに興味を示し、
「私もそんな風にやってみたいわ」
と言ったとき、私の胸中に込み上げた喜びときたら、どうだろう!
 
 いつも通り、私は膝あてのほかは一糸まとわぬ姿となった。レイチェルも、シルクのパンティー一枚だけで、ベッドに腰掛け、ロープで投げ縄を拵えた。それから、その投げ縄の輪になった方を私の首に投げかけて私を捕まえ、背中に乗り跨った。
 レイチェルは体重が40キロそこそこしかなかったので、乗られても重さは全く苦にならなかったが、両脚に脇腹をガッチリと挟みつけられたとき、強烈に彼女を感じた。
 彼女は舌を「チッチ」と鳴らし、素足で軽く小突いた。「進め」の合図だ。並足で歩き始める。2〜3分もすると、レイチェルは並足に厭きてきて、投げ縄の端を数回振り回すと、私の尻にピシャリと当てた。私は全速で疾駆した。小さな騎手は、私の背中にぴったりとくっつき、速度を落とさないよう、またもや鞭をくれた。私が部屋の端まで駆けたちょうどその時、彼女は私の首にかかっていた投げ縄をグイッと引いた。私は喉を締め付けられて急停止した。私が急停止のショックから立ち直るや、レイチェルは間髪を入れずにロープの端で私の脇腹を打ち、私たちはまた全速力で駆け出した。しかし、ほんのちょっと走ったところで、私はまたもや彼女にグイッと引かれて急停止させられた。

 レイチェルのバランスのとり方は絶妙で、体を反らして投げ縄を引き締め、屈めては私を鞭打ち全力疾走へと駆り立てた。レイチェルに馭されていると、狭い部屋がとてつもなく広く感じられた。なにしろ、全速と停止、全速と停止、これが際限もなく繰り返されたのだから。
 私を支配し、馭すことを、レイチェルが心の底から楽しんでいることは、ありありとわかった。背肉の一部に熱を感じたからだ。薄物のパンティー一枚隔てて背中に押し当てられている彼女のその部分が、熱く火照っているのだ。
 私のその部分も怒張していた。そこを、彼女のナマ足が左右から挟み、しごいた。彼女は両脚で私の胴を挟みつけていたので、足はちょうどそこに当たるのだった。
 その遊びを私たちはいつまでもつづけた。私の小さな騎手は言葉を使うことなく私を操った。鞭でピシピシ打っては、すぐに投げ縄を引き絞るのだった。

 とうとう私は疲れ果てて床に潰れてしまった。
 レイチェルは私に跨ったままだったが、暫くすると、立ち上がってクローゼットの方へ行った。私は汗びっしょりで床に突っ伏し、ハアハアと息をしていた。心臓がどきどきする。次に何がくるのか、わかっていたからだ。
 一週間前、レイチェルに拍車を一対プレゼントしてあった。安物の金属製のオモチャで、子どもが西部劇ごっこをするためのピストル・セットに入っていたものだった。拍車の後ろの小さな歯車、「花車」は、直径5センチほどで、そう尖ってはいない。しかし、レイチェルの素足に付けるのには、ぴったりのサイズで、彼女は大喜びで装着したのだった。
 拍車の立てるチャリチャリという音も、彼女の気に入ったようだった。床に突っ伏した私の耳に、その同じチャリチャリという音が聞こえる。レイチェルが拍車を付けて近づいてきたのだ。じっとしていると、レイチェルは私の背にストンと尻を乗せ、手綱をたぐり寄せた。
 彼女は、先ず、両脚を伸ばして私の顔の前につきたてたので、美足に装着された拍車を拝むことができた。足の甲を鎖が巻き締め、踵の拍車を固定している。部屋の仄かな明かりに花車が鈍く光っていた。
 それから彼女は踵を強く引いて、私の脇腹に拍車をめり込ませた。私は堪らず、反射的に動いたので、彼女は危うく落っこちそうになった。
 
 私は部屋をまっしぐらに駆けた。
 レイチェルはバランスを取り戻すと、私に拍車を二回蹴込み、それから満身の力を込めて手綱を引き絞った。私が急停止した、その刹那に、再び脇腹を拍車に抉られた。前回のよりもきつかった。彼女は私を二回蹴ってスタートさせ、私が全力疾走に移った後も、さらに二回蹴った。私は、痛さに苛まれながらも、夢中になって、被乗プレイをつづけた。
 私は全力を尽くした。我が小さき女騎手の乗り込みが激しさを増すにつれ、筋肉は張り、額の汗が絶えず目に流れ込んだ。私が全速で疾走するたびに、彼女は投げ縄を引き締めて私を止めた。そして、私が止まるたびに、私の脇腹に拍車を蹴込み、全力疾走へと駆り立てるのだった。

 永遠につづくかと思われたプレイのあと、レイチェルは手綱を引いて私を歩かせ、そして停止させた。彼女のパンティーはびしょびしょに濡れていた(そのホンの一部が私の汗によるものだった)。
 私の背中から降りると、ベッドに腰掛け、手綱をグイッと引いて私の顔を股ぐらに引き寄せた。私は歯を使って彼女のパンティーをずり下ろした。踵の拍車をくぐらせるときには特に気をつかったものだ。
 そして、彼女のセクスに顔を埋め、ピチャピチャと舐めた。まさに渇いた乗用馬そのものだった。
 彼女は背を仰(の)け反らせた。絶頂が近づくと、激情の赴くまま、私の尻や背中を拍車で突き、一度か二度ほど、私を鞭打った。
 彼女が絶頂に達した後は、平静に戻るのを待った。
 その甲斐があった。彼女は私を四つん這いにさせて跨り、荒々しく拍車をかけて、ロープで鞭打ち、再び私を全力疾走に駆り立てたのだった! 十五分ほど、前と同じく急停止と前進を繰り返すやり方で乗り回されたが、やがてスローダウンして、ゆっくりした歩調で歩むことを許された。
 彼女は拍車を私の腹部に沿わせて滑らせた。花車が私の竿とタマに触れる位置を探りあてると、細心の注意を払いつつ拍車で私のタマをそっと突っつき、いきり立った一物を両足で挟んだ。タマに拍車が感じられた。レイチェルの素足に拍車を止めている鎖が、ペニスを軽く上下に撫でる。足で私をイカそうとしているのだ。ほどなく私は恍惚境に達した。背を反らし、丸めて、レイチェルに乗られ鞭打たれ拍車をかけられながら、夥しい体液をどっと吐き出したのだった。

 レイチェルとは、後々までも人間馬プレイを重ねた。しかし、あの夜のあのプレイは、とりわけ深い思い出として心に刻まれている。

 後に私は、シンディーという名の、ブーツの好きな女の子とデートするようになるという幸運に恵まれた。
 ある年のクリスマス、シンディーに「ブーツ・ジュエリー」なるものを買ってあげた。当時流行のアクセサリーだ。私が買ったのは、小さな金色の金属製の拍車で、細い鎖でブーツにくっつけるものだった。
 しばらく経ったある夜のこと。前戯に何か変わったことをやってみないか、と持ちかけてみたところ、シンディーはお馬さんごっこをしてみることに同意してくれた。いや、実に嬉しかったね。
 私は、くだんの拍車の鎖を短くして彼女の素足に合わせ、シンディーの方はクロゼットから皮のベルトを二本引き出してきた。一本は手綱代わりに私の上下の歯の間に押し込み、もう一本は二つに折って鞭にした。そして、手持ちの女性用カウボーイハットをかぶり、私の裸の背中に跨ると、拍車をかけて
「はいし!」
と叫んだ。
 彼女はひっきりなしに私を鞭打ち拍車をかけ、大はしゃぎしながら長い廊下を進み、浴場まで行った。浴場で手綱を捌いて私をUターンさせ、拍車をかけて、寝室まで戻らせた。

 寝室でシンディーは私の背を降りてベッドに腰掛けた。
 私は彼女の脚の間に鼻をすりつけ、彼女が絶頂に達するまで舐め続けた。
 その後、シンディーは私を引き上げて彼女の中に迎え入れた。私はぐいぐいと押すことに熱心した。そして、尻に拍車を突き立てられ、背中を鞭打たれながら、アクメを味わったのだった。

 それ以後、二人はちょっとしたサインを決めた。
 シンディーの家を訪れたとき、金の拍車がベッドの支柱にかかっていたら、私は衣服を脱ぎ捨てて四つん這いになり、私の美しき恋人はエッチなお馬さんごっこを始めるのである。

楽しき哉、お馬さんごっこ!

トニーポニー

back to top page of "Tony Pony"
back to  INDEX of "Femdom Association"
back to MAIN MENU  (Nihongo)
back toMAIN MENU      (English)