トニー・ポニーさんに聞く

愚仙人、実際にトニー・ポニーさんに会ったことはございません。
しかしながら、メールのやり取りを通していつしか互いに気心の知れあった仲となったのでございます。
そんな文通をもとに、仮想インタビューを構成してみました。

(2010年9月)


(馬仙人)トニーさんが初めてメールを下さったのは2007年6月だから、もう3年以上も前になるんですね。
それにしても、なんですな。お互い、地球の裏側に住む者同士で、普通なら縁もゆかりもないはずなのに、お馬さんごっこってゆう、チョット変った性的嗜好を通して、こんな風に仲良くなれるんですから、実にナイスなことではないですかな?

(トニー・ポニー)ボクの書いたものをサイトに載っけてくださって、とても光栄です。どうもありがとう!
女性上位系のサイトって、割りと移り変わりが激しいんだけど、そんな中で、「女性上位時代」は結構つづいてますよね。
馬仙人サンのサイト、ボクのお気に入りでしてね、手描きのお馬さんごっこの絵を初めて見たときから、強い共感を覚えましたよ。仙人サンの描く女の人たちって、チョイお茶目で、でも酷いことも平気でできて、自分が乗った馬に対してビシッと決めるときは決めるって感じですよね。男をお馬さんにして乗っかって、鞭や拍車や手綱で馭して、どんな命令にもバッチリ従わせるんだけど、でも、それはあくまで彼を大好きだからこそっていう・・・・

(馬)そんなに褒められたら、照れちゃいまんがな(笑)。
お礼を言わなくちゃなんないのは、こちらの方こそですよ。素晴しい記事を二つも送ってくれて、サイトに載せてもいいよって言ってくれて、ありがとうございます。
トニーさんの「人間馬観」には、ものすごく共感できるし、「人間馬としての遍歴」にはすっかりハマりましたよ。
ところで、「遍歴」に書かれたことって、ホントの話なんですか? それとも、もしかして創作? あるいは、実話に創作を交えて書かれたものなんですか?

(トニー)あれは、全部、ボクに起こった、ホントの話です。あそこに書いた、学生の時に出会ったレイチェルは、人間馬の騎手としては最高でしたね。とても小柄だったんで、拍車がボクの脇腹にうまく当たるんですよ。そこが、ボクのツボでした。普通の身長の女性がやったら、太腿に当たっちゃうんですね。
 実は、ボクの「遍歴」には、続きがありましてね。あの後、別の、これまた実に素晴しい女性騎手に出会いまして、何度も乗っかってもらいました。1996年から2002年までの間でしたね。ボクを馬扱いして、調教するのに夢中になってくれました。ボクが彼女の目につくところに拍車を放っておくと、目ざとく見つけて、早速使ってくれたりしたもんです。
 その後は、2002年にシアトルに引越し、それから、2005年にフロリダ州のマイアミに越してきました。
 フロリダに来てから、乗ってもらった女の人は二人ほどかな。そのうちの一人は19歳で、彼女には二回ばかり乗ってもらいました。その二回目は、マイアミのお金持ちが住む地区にある乗馬センターの中でしたから、ま、野外プレイってやつですね。

でも、まだ理想の女性には出会ってないんです。いつか会えるだろうって、楽しみにしてますよ。それまでは、思い出と妄想を楽しみますよ。あ、もちろん、仙人サンのイラストやお話もネ!

(馬)あの「遍歴」が実話とは、実にウラヤマし〜〜かぎりです!
あ、それと、写真も何枚か送ってくれましたね。
撮影されたときの状況をお伺いしたいんですけど・・・
なんだかパーティーみたいですけど、どういう所で撮られたんですか?それと、トニーさんと一緒に写っているのは、どういう人たち?

(トニー)ここ3年ほどの間にフロリダで開かれた、いろんなフェティッシュ・パーティーで撮った写真で、一緒に写ってるのは、そのとき、ボクに乗っかってくれた女の人たちですね。
ボクの住んでる南フロリダにもっと近いあたりで、乗っかってくれる女の人を募集中ですよ〜ん。


(馬)写真に写ってる馬具にも興味あるんですけど。手綱つきの轡(くつわ)とか、革バンドで吊るした鐙(あぶみ)とか。これって、どこかで買ったんですか? それとも自作?

(トニー)馬具は、ボクの手作りです。

(あぶみ)は、ヨーロピアン・スタイルの乗馬で使うホンモノです。鐙を吊るす革バンドもそうだし、ボクの体に巻いたバンドも馬の腹帯を利用したんですね。腹帯は、女の人が鐙を踏んで体重をかけると、ますますきつく締まるように出来てるんですよ。
女の人は、私に乗っかっている間、鐙に足を乗っけておくと、とても楽だし、姿勢も安定するんです。しかも、この馬具なら、彼女とボクがスキンシップを楽しむのにジャマになんないんです。彼女のお尻を背中にズッシリと感じ、脚に脇腹をギュッと締め付けられて、なんだかとてもHな気分になる、あのスキンシップが、何てったってお馬さんごっこの醍醐味だもの。

顔につける馬具は、ボクがデザインし、普通の革工芸品店で材料と道具を買ってきて、自作しました。ハミは、金属製の芯をビニールで包(くる)んで作ってあります。大して太くはないので、嵌めても口を閉じることができます。手綱を引かれたときの力が、ハミに直接かかるんじゃなくて、頭に巻いたバンドとアゴの締め革にも分散するんで、女の人が手綱をグイッと引いても、ボクの口が切れたり歯が割れたりしないようになってるんです。

(馬)弊サイトの読者のみなさんに、何かメッセージはありますか?

(トニー)リラックスして、楽しいことをしましょう! ごっこ遊びの、あの楽しさを、思い出してみて。
お馬さんになって、大好きな人を背に乗っけたら、何てスバラしい感じなんだって、ビックリすると思うよ! 
それから、人間馬や、人間馬に乗るのが好きな女性について、質問とか、話などあれば、ボクあてに、じゃんじゃんメールをください。
ボクのメアドは
tonypony@hotmail.com.
です。
ボクのお気に入りの画像を、下に何枚か貼っておきますね。

(馬)トニー・ポニーさん、今日はどうもありがとうございました。
これからも、お馬さん生活を、ばりばりエンジョイしてくださいね!




back to top page of "Tony Pony"
back to INDEX of "Femdom Association"
back toMAIN MENU      (English)
back to MAIN MENU  (Nihongo)