カトリーヌ・スパークが人間馬に跨がってハイシハイシと乗り回す      

女性上位時代   
La Matriarca   


【データ/DATA】
監督:パスカール・フェスタ・カンパニーレ (Pasquale Festa-Campanile)
出演:カトリーヌ・スパーク  (Catherine Spaak)
   ジャン=ルイ・トランティニャン  (Jean-Louis Trintignant)
音楽:アルマンド・トロヴァヨーリ  (Armando Trovajoli)
1968年/イタリア/94min.

【物語/STORY 】
 若くして未亡人になったヒロイン・ミミ(スパーク)は、亡夫が風変わりな性の快楽のための隠れ家を所有していたことを発見。自らも性の世界の探検に乗り出す。


【クライマックス/CLIMAX】
馬派M垂涎の名場面 いろいろな男性との遍歴を重ねた若き未亡人のミミですが、ひょんなことから、大学教授のデ・マルキ(トランティニャン)におんぶされ、男の背中に跨がることの性的快感に目覚めます。それ以来、ミミはデ・マルキに興味を持ち、誘惑作戦を開始。デ・マルキ(因みにこの名前、マルキ・ド・サドのパロディーでしょうね)の方でもミミにすっかり夢中になり、結婚を申し込みます。最初は再婚を渋っていたミミですが、デ・マルキの強引な求愛に折れて承諾します。ただし、ある条件付きで。さて、その条件とは・・・?

 クライマックスは、映画の一番最後のシーンです。
 結婚式が終わった夜、リビングでくつろぐ二人。ミミはソファーに座り、デ・マルキは何故か床に四つん這いになっています。
「ねえ、あなた。ほんとにいいの?」
――例の「条件」を本気で実行する気があるのかどうか、確かめるミミ。
「もちろんだとも。さぁ、どうぞどうぞ」
とデ・マルキが答えると、ミミは早速彼の背中に跨がり、
「ハイシ、ハイシ!」
 そう、ミミがつけた結婚の条件とは、夜毎、ベッドに行く前にお馬さんごっこをすることだったのです!
 広い屋敷の、廊下で繋がれた部屋から部屋へ、ミミは人間馬に跨がって練り歩きます。
「ああ、最高の気分よ。いつまでもこうしていたいわ・・・」
恍惚の表情を浮かべて呟くミミ。
 馬となった新郎は、新婦に跨がられたまま階段を這い上り、二階の寝室へと消えていくのでした。


ポスター1 ポスター2 ポスター3


【寸評/COMMENT 】  ハイシハイシ; hup hup !
 人間馬に跨がったカトリーヌ・スパークの、セクシーでしかも上品な乗りこなし方が素晴らしい、最後のシーン。普通人には他愛ない艶笑喜劇のオチに過ぎないのでしょうが、馬派Mにとっては、どんなに淫らな影像よりも遙かに強烈で甘美なエロティシズムを感じる、恍惚の名場面です。
 この他にも、コガネムシが生きたまま鎖に繋がれ、生きたペンダントとして妖艶な年増女性の胸の谷間を這いずる場面など、妙にM心理を刺激します。

【話題/TOPICS】
 2000年夏、シネセゾン渋谷で奇跡の復活上映。映画で使われたトロヴァヨーリの音楽も巷で時々耳にするようになりました。


【鑑賞/SOURCES 】
●アメリカでは"The Libertine(放蕩者)" というタイトルで69年に公開されました。 そのビデオを、amazon.com で買うことができます。
●ディーブイディーゲット有限会社(http://www.rakuten.co.jp/dvdget/)という所で映画のDVDを販売。¥3800+税・送料
●テレビの洋画劇場でもときどき放送されています。
●サントラ盤がキングレコードから。型番はKICP 723


video
DVD
ビデオ
amazon.com
で入手可。
DVD
発売元:
ブロードウェイ

 

CD CD 映画にはない場面です
CD
型番:KICP 723
   (旧 KICP 571)

CDカバー裏側



to index