『女性上位時代』クライマックスシーンの分析



すばらしき お馬さんごっこ映画『女性上位時代』

弊サイトのタイトルの由来ともなっております、映画『女性上位時代』。
甘美なるエロスの発現、「愛の馬」を、
前から

後から

横から

そして斜めから


あらゆる角度から描きつくした、
まことに素晴しいお馬さんごっこ映画であります。

映画『女性上位時代』の日本初公開は1968年のことでした。
以来、30余年。世の中は少しずつ便利になり、今では家庭にいながらにして様々なお馬さんごっこの映像を見ることが出来るようになりました。

特に近年は、インターネットの発達により、海外からいとも簡単にお馬さんごっこビデオを取り寄せることができるようになり、さらに、お馬さんごっこの動画を提供する有料サイトなども現れました。
弊サイトの「リンクコーナー」で、それらビデオやサイトを紹介いたしておりますうちに、愚仙人、思わずソノ気になって、海外からビデオを購入したり、有料サイトの会員になったりしたことも、幾たびか。
それらの多くは、まさに「お馬さんごっこポルノ」のノリ。余分な(?)ストーリーなど全くなく、最初から最後まで、ずばり見たいそのシーンだけが延々とつづくのであります。
しかも、ドミナが一糸纏わぬ姿で男馬に打ち跨り、乗り回すといった内容のものも、少なくありません。

かかる映像に接しましては、スケベ仙人思わずコーフン。正直申しまして、それら海外のお馬さんごっこポルノ、扇情的ということにかけては、映画『女性上位時代』の比ではないと思われました。なにしろ、ズバリ見たいシーンだけが延々と。しかもドミナは丸裸・・・・。

しかしながら、改めて『女性上位時代』を観てみますと、いやいや、どうしてどうして、やはりこの映画、馬派Mの視点からいっても、「お馬さんごっこポルノ」になど負けてはいないのであります。

そりゃそうでしょ、金のかけ方が違うもん。

・・・・といってしまっては、実も蓋もありません。
製作にかけた大金が返ってくるような、圧倒的多数のノーマルな観客を満足させうる作品に仕上げつつ、馬派Mという極少数の異端者をも興奮させるのですから、やはり大したものです。

さて、では、馬派Mを興奮させる煽情性において、『女性上位時代』は、ビデオプロダクションが作る「お馬さんごっこポルノ」とどう違うのでありましょうか。

まず言えることは、
(1)優れた物語性であります。
映画『女性上位時代』の内容時間は93分。お馬さんごっこシーンは、そのラスト6分間。たったの6分間ではありますが、まさに、満を持して真打登場! 最後のクライマックスであります。
二人はどういう人たちか? 
そして、二人はなぜお馬さんごっこに興じているのか?
「お馬さんごっこポルノ」では、多くの場合、一切省略される、そういう二人の関係性というものが、映画『女性上位時代』の場合には87分かけて丁寧に描かれ、その挙句のクライマックス6分間、SM婚のひとつの理想とも言うべき形としての「愛の馬」シーンであります。つまり、シーンの背後に、重厚な物語りがあるのであります。

(2)登場する女優さん・俳優さんが、これまた素晴しい
どのように優れたストーリーも、演じる人が大根では興ざめです。
その点、映画『女性上位時代』に登場するのは、演技のプロ。しかも、バツグンの美女美男であります。
ヒロインを演じるのは、カトリーヌ・スパーク。撮影当時、22歳。文句なく可愛く、綺麗で、スタイルもバツグン。「性の冒険に乗り出した若き未亡人」という役どころにぴったりの女優さんであります。
一方、お馬さん役のジャン=ルイ・トランティニャンも、引き締まった体つきをした、なかなかのナイスガイです。
こうした、演技も出来て、しかも容姿端麗な役者さんの演じるお馬さんごっこを見ることができるのは、やはり劇場公開用映画ならではといえましょう。

さて、今回、もうひとつ注目したことがございます。それは、
(3)手間とお金をかけたカメラワークであります。
劇場用映画である『女性上位時代』。手間もお金もたっぷりとかけて作られていることは、映像からありありと窺えます。俳優さんへの出演料はもとより、衣装代、撮影の舞台となった屋敷の借り賃や、様々な小道具・大道具代、照明代などなど。
もちろん、それぞれのお道具には、それを扱う専門の人たちがつくわけですから、その人件費だって嵩むでしょう。

ところで、手間とお金がかかっているのは、映像に直接写っているものばかりではありません。
愚仙人、『女性上位時代』のクライマックスシーンを、DVDが擦り切れそうになるくらい、繰り返し見ました。何度も何度も見ているうちに、ふと、
「このシーンは、どうやって撮影したのであろうか?」
などということが、気になりはじめたのですぢゃ。
そこで、撮影の仕方、カメラの位置や動かし方なんぞに注目しつつ、またまた何度も何度も繰り返し見てみたのでございます。
その結果、気づきましたのが、人物や大道具・小道具といった形あるものとしては写っているものだけでなく、その写し方自体も、手間ひまかけた、大掛かりな撮影だったのではなかろうか、ということでございます。

つづくページでは、映画『女性上位時代』のクライマックス・シーンを、「批評・研究のための引用」としての画像を交えて、徹底分析いたします。
皆様がビデオやDVDで『女性上位時代』を鑑賞する際の一助になれば幸いです。

★つづきを見る


back to INDEXof "Movies & Books" 
★「映画・本」目次 に戻る
★メニュー に戻る
back to MAIN MENU(Nihongo)