沼正三流マゾヒズム道入門


第1章 サドマゾの世界

第3節 SとMとは表裏一体?・・・サドマゾヒズム概念について


 「Sの裏にMあり」という考えがある。
サディストにも、マゾヒスティックな願望があるという考え方だ。
 事実、サディズムの元祖、マルキ・ド・サドは、
下僕とともに数人の娼婦たちとパーティーを開いた際に、
娼婦を鞭打つとともに、自分自身を鞭打たせたという。

 このように、サディストが同時にマゾヒストでもあり得るとして、
その逆はどうだろうか?
マゾヒストは、同時にサディストでもありえるのだろうか?
 
 沼正三は、逆は真ではないという考え方である。
 第2節で散々引用した「苦痛より陵辱を」の題辞でも、
彼の考え方の補強資料として、著名な性心理学者の言葉を引用している

サディストには共通してマゾヒズムの要素が見られるが、
純粋なマゾヒストの中にサディズムの要素が発見されることは殆どない。
・・・ハヴロック・エリス『性の心理』
  (『ある夢想家の手帖から』 潮出版社版  第4巻 奴隷の歓喜 第118章 苦痛より陵辱を p. 226)

 沼は、
「サディズムもマゾヒズムもその根っこは一緒であるとして
両者を統一的に見る考え方」
に、
強く反対する。
「苦痛より陵辱を」の附記第二 「サド・マゾヒズム概念の非」でも、
次のように記している

「人間学的」立場といわれるゲープザッテルも、
サド・マゾヒズムという統一概念を使用する。
しかし、私は臨床的には両者をやはり峻別すべきだと思う。
エリスもいうように、真正マゾヒストにはサディズム的心理は関係ないからである。
(前掲書p.231)

 沼のこの見解には、個人的に首肯できる。
我が心理を内省するに、女性を虐待したり辱めることが性的興奮につながるといった要素は
皆無だからである。
 

 ところで・・・沼さんもそうだし、自分自身もそうだから、
マゾヒストとはそうしたものだと信じておりました。
 ところが、ところが。
最近、友人のマゾヒストたちとネットで話しておりました際に、
彼らも時折「女性を全裸にして縛って吊るし上げたい」なんてS的願望が
頭をもたげることがあると知って、ビックリ。
 もっとも、そこはM男性。
「縛りあげた女性の前で土下座したい」とか、
「縛られてトイレに行けない彼女のために便器になりたい」とか、
最後はM的妄想で締めくくられるのではありました。



★第1章 第4節 「サド女性とレスボス愛」に進む

本稿目次に戻る 「沼正三の世界」目次に戻る  メインメニューに戻る