to Menu
2001年
  5/ 3   馬タロウ様からのお便り    10/7  かず様からのお便り   
  5/20   田中様からのお便り    11/17 鞍下一生様からのお便り
  6/23   H・H様からのお便り    12/17 馬之介様からのお便り
  7/22   ポーラーベア様からのお便り    12/28 さいや様からのお便り
  7/26   aqua様からのお便り    12/30 春田様からのお便り
  8/18   本多様からのお便り
  8/27   盲管銃創様からのお便り



 5月3日(木)
馬タロウ様からのお便り
はじめまして
私は,50代後半の女性の乗馬愛好者 馬派Mです。
馬仙人様のHP拝見し,一時期の自分を思い出すと同時に,何故か
ホット しました。
・女性上位時代・ 私のオアシス 毎日が楽しみです.
   馬タロウ様
お便りありがとうございます。
SM愛好者の中でも圧倒的少数派である馬派のHPなど、楽しんでくださる方がいるかどうか、不安だっただけに、お便りを拝見しとても嬉しく思いました。過分のお言葉、何よりの励みでございます。(執事)
TOP of this page

5月20日(日)
田中様からのお便り
はじめまして。
「女性上位時代」ってとても良いタイトルですね!
女性が男を馬の様にして跨る姿は本当にいいです。しかしむしろそれは当たり前の姿だとも思います。 だって美しい女性の前では我々男の存在なんてちっぽけなものですからね。これからも訪れさせて頂きますので頑張って下さい。
BY 田中
    http://members.tripod.co.jp/MegamiWeb/  
田中様
お便りありがとうございます。
「女性上位時代」というタイトルは、ご主人様のアイデアです。一般的な女性上位=femdomという意味の他に、人間馬の名場面が出てくる映画「女性上位時代」をも連想させ、弊サイトにピッタリのタイトルを頂いたものと喜んでおります。

田中様のサイトも拝見いたしました。マゾヒズムの基本である(と執事が考える)「女性美への拝跪」という気持ちを大切にする、素敵なサイトですね。
今後とも宜しくお願いいたします。(執事)
TOP of this page

6月23日(土)
H・H様からのお便り

初めて、お便りさせて頂きます。
女性上位時代のカトリーヌ・スパークを約20年ぶりに想いだしました。
私が初めて、彼女を知ったのは別冊スクリーンに載った特集記事でした。その当時私は、確か高校生であったと記憶しておりますが、男性に馬乗りになった彼女の姿がとてもまぶしく、胸がドキドキしたことを憶えております。
でも、実を言いますと、私この映画はまだ観たことがないのです。グラビア写真でしか見たことがありません。いつか映画を観てみたいとは想っているのですが・・・。
関係ないですが、個人的にはドミニク・サンダというフランスの女優さんが好きでした。
HPを見てとてもなつかしいノスタルジックな気分に浸ることができ、一言お礼が言いたくてメールさせて頂きました。今後のご活躍を期待しております。

40代男性H・Hより

H・H様
お便りありがとうございます。
私も、映画「女性上位時代」がスチル入りで紹介された別冊スクリーンを持っております。H・H様がご覧になったのと同じものかも知れませんね。本当にあの映画のあのシーンは、馬派にとっては値千金ですね。
映画自体はまだご覧になったことがないとのこと。「ブロードウェイ」という会社からDVD(イタリア語・日本語字幕付き)が出ていますので、是非ご覧になってみてください。
ドミニク・サンダ、私も大ファンでした。優雅で艶やかな肢体。射すくめるような眼差しにも、秀でた額の曲線にも、そして軟らかだけれど直線的な口元にも、コケティッシュで、それでいて怜悧な女性の気品ある色香が漂い、「こんな女性に翻弄されてみたいものだなぁ」なんて妄想を誘います。 (馬)

TOP of this page

7月22日(日)
ポーラーベア様からのお便り
馬仙人様はじめまして。御サイトを拝見しました。『ヤプー』と『手帖』を読みながら思春期に性 癖をはぐくんだ者としては、沼正三論はたいへん読みごたえがあります。ヤプーの書評はいろいろありますが、マゾヒストとしてびんびん共感できるような書評を初めて読ませて いただいたことに感謝します。
Red Rain(http://members.tripod.co.jp/dragonfry/contents.htm)というサイトのBBS で、以前から沼正三の話題がちょくちょく出ていたので、御サイトを話題にさせていただきました。よろしかったら覗いてみてください。 御サイトの一層のご発展をお祈りします。ではまた。
ポーラーベア
ポーラーベア様
お便りありがとうございます。
今は私たちにとって大変結構な時代です。夢想を実践する機会に恵まれていますから。でも、私たちの歓びとは、実践が全てではないと、愚仙人は愚考します。例えば、沼文学の夢想世界に耽溺することは、実践では得られないような歓びを私たちに与えてくれます・・・・というようなことを言ってみても、結局わかる人にはわかるし、わからない人にはわからないものだということを、かつて痛感したことがあります。ポーラーベア様のように、沼正三作品を理解しうる方に弊サイトを訪ねて頂けたことは、大変嬉しく存じます。

Red Rain、早速訪ねさせていただきました。この広い世界に、とても稀だけれども確実に存在する「同志」の皆様に巡り会えた心地がいたしました。素敵なサイトのご紹介、ありがとうございました。(馬)
TOP of this page

7月26日(木)
aqua様からのお便り
馬仙人  さま

 「女性上位時代」古めかしいネーミングの通り読ませるもの有り嬉しく思いました。
 「奇譚クラブ」はかっての愛読書と言うより私の全てを捕らえた「本」でした。
沼正三氏について私見を寄せられたということで「家畜人ヤプー」続編の「著者」にかんする論争を思い出しました。
ちょくちょく寄せて頂きたくおもいますので宜しくお願いいたします。
 少しばかり年をとりましたのでSM変態一筋という力は御座いませんが未だ現役で遊ばせて頂いてます。

   趣味で鞭も作りましたが、自分の鞭で調教される気分はヤプー的屈辱感と言うところでしょうか他に変えがたい想いです。

aqua 
aqua様
お便りありがとうございました。
「奇譚クラブ」に親しまれ、また、今も現役でプレイなさっているとのこと。しかも、鞭も自作なさっているとは。SMを多方面に楽しんでいらっしゃるご様子が窺われ、頼もしく思われました。
弊サイト、「仙人」とは名ばかりの若輩者が運営いたしておりますが、往年の「奇ク」の如く、痴性と知性が共存するサイトを目指したいと存じます。今後とも宜しくご指導のほど、お願い申し上げます。(馬)

TOP of this page

8月18日(土)
本多様からのお便り
 初めまして。こんにちは。私は本多と申します。

 貴サイトを拝見いたしました。私は最近家畜人ヤプーを再読しました。久しぶ りに読むとなかなか面白くて、他の人の感想を知りたくいろんなサイトを見てまわって「女性上位時代」を見つけました。

 ヤプーの影響で、女王様のイラストを描きたいなぁ、と思っていたのですが、馬仙人さんの絵は大変モチーフが素晴らしいと思います。  資料などはどうされているんでしょうか?興味があります。もしよろしかったらお教えください。

 遠藤周作のSM論は、なかなか面白かったです。私は、彼の小説はほとんど読んでましたがエッセイは全然読んでませんでした。そんな事を言っていたとは。 オドロキです。結構目から鱗でした。

 ドロドロした下品なSMサイトが乱立するなか貴サイトはとても上品でステキです。  もしよろしかったら、私のサイトに遊びにきてください。女王様は今のところいませんが・・・・。       http://www.rcp.ne.jp/~nao                 本多
本多様
お便りありがとうございました。
本多様のサイト、早速拝見いたしました。
本多様は、プロのイラストレーターでいらっしゃったんですね。私の稚拙なお絵描きに対し、プロの方から過分のお言葉を頂戴し、恐縮至極に存じます。
本多様のお描きになる女性は、「赤いソファーに座る女」にしても「眠っている女」にしても、あるいは「赤い髪の天女」にしても、勝ち気で上品で、でもちょっとコケティッシュで、S女様の雰囲気が匂いたつように感じられます。
本多様のお描きになる女王様、とても楽しみにいたしております。
「遠藤周作のSM論」は、「沼正三論」と並んで、私が弊サイトで最も伝えたかったことの一つでしたので、遠藤ファンの本多様の目にとまり、大変嬉しく思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。(馬)
TOP of this page
8月27日(月)
盲管銃創様からのお便り
馬仙人さま。はじめまして。盲管銃創と申します。

私も日ごろより、古きよき文化の衰退を嘆いているもので、仙人さまの「手帖」に関するお説には膝を打ちました。

「沼正三交替説」も説得的でした。後期の筆致は、私に言わせると「横丁のホラ吹き隠居」ということになるのですが、それでも私個人の趣味からは、まだ「万世一系説」に未練があるような、ないような、微妙なところです。

いま私の手元に、「レターM」 谷貫太著 譚奇会刊 という素晴らしい本がありますが、もしこれについてご存知なければ、僭越ながらご紹介申し上げます。ご存知でしたら、作者のことなど、いろいろご教示いただけないでしょうか。

ドミニク・サンダといえば、ベルトルッチの「1900年」という映画で、ボートから足を出して、泳いでいる男の頭を踏むシーンを記憶しています。

最後になりましたが、私自身は創作小説サイトをやっております。おひまなとき、ぜひ一度遊びに来てやってください。

   http://www5d.biglobe.ne.jp/~mokan/index.htm

残暑きびしい折、ご自愛ください。

盲管銃創様
お便りありがとうございました。
弊ページを立ちあげました結果、思いのほか多くの同志諸兄に巡り会え、これまで知らなかった世界に出会えましたこと、愚仙人の大いなる歓びとする所でございます。
「レターM」は雑誌「奇譚クラブ」に連載されているのを読んだことはございますが、単行本が出ていたのは知りませんでした。
ドミニク・サンダの出演している「1900年」も見たことがありません。ビデオ化されているなら是非見てみたいと思います。
盲管銃創様のサイト「筆一本勝負」、早速訪ねさせていただき、玉作を拝読いたしました。博識に彩られた流麗な筆致のご玉作、M小説としてだけではなく、物語としても大変面白く、一体どやったらこういう世界を創造できるのだろうと感嘆することしきりでございます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。(馬)
追記)上記の記述中、「レターM」は雑誌「奇譚クラブ」に連載されているのを読んだことはございますが、とあるのは愚仙人のうっかりミスです。
、「レターM」が掲載されていたのは、「奇譚クラブ」ではなく「風俗奇譚」でございました。
UU様ならびに ゆう様のご指摘により気づきました。
謹んで訂正いたします。
UU様、ゆう様、ご教示ありがとうございました。
TOP of this page


10月7日(日)
かず様からのお便り
「かず」と申します。
突然のメールで失礼します。
いままで、馬乗り女とかまたがる女とか検索しましたがなかなかそういうサイトが見つからなかったのですが、
ミックスファイトからこのサイトにたどり着きました。

わたしは、馬、バイク、男性などにまたがる女性が好きで、とくにスカートでまたがる姿にそそられます。
映画ではアマゾネスものが好きでアマゾネスという文字だけで興奮してしまいます。
そしてエリック・スタントンのイラストのような抵抗する男性を組み敷く女性にもそそられます。

リンクのなかの跨る乙女たちなどたくさんのサイトをサイトを知ることができ感謝しています。

貴サイトのますますのご発展を。

またガール大好き。
かず様
お便りありがとうございました。
私自身、パソコンを買ったとき、馬族・馬派Mのサイトもさぞ多かろうと期待していたのですが、日本のサイトにはそういうものを見つけることができず、がっかりいたしました。ですから、同じ思いをされていた かず様のような方に訪ねていただけたことはとても嬉しく思います。

リンク集が多少はお役に立ったようで、喜んでおります。
それにしても、「またガール」とは、これまたナイスなフレーズでございますね。こういう洒落た言葉の遊び、愚仙人の大いに好むところでございます。

今後とも宜しくお願いいたします。(馬)

TOP of this page


11月17日(土)
鞍下一生様からのお便り
今までにも時々ホームページ探索を行っていたのですが 先日偶然にも仙人様のHPを拝見し、まさしく同好の士がまだ国内にいたことを知り心強く感じました。

随分古い話ですが西部劇無頼の谷で主演のマレーネ・ディートリッヒの酒場での競馬シーンを見て興奮。その短いカットを見るだけのために何回も映画館に通ったものです。
なんとかして、そのカットの写真を入手したい
と思っていたのですが、今回あっさり実現ありがとうございました。

沼氏の小説は連載の第一回から読み始め毎月必ずその雑誌を購入していました。

私自身もかなり豊富な経験を持っているつもりです。四つ脚型、肩車、補助車型すべて体験してみました。
自分だけのために小説も沢山書きました。数十種類のパターンで原稿用紙になおせば数千枚の小説が私のパソコンに収まって
いるのです。
しかし、私以外の読者はたった一人だけ、
十数年お付き合い頂いた私にとっての最高のパートナーでした。

書きたいことは山ほどありますが、今日のところはこれまでとします。
鞍下様
お便りありがとうございました。
沼さんの小説、雑誌に連載されていた同時代に親しまれていらっしゃったとは、かなり年季の入られた「お馬さん」とお見受けいたします。
「無頼の谷」も、上映された当時にご覧になったとは、羨ましい限りです。
「仙人」とは名ばかりの弱輩者が運営いたしております弊サイトに、ようこそお越しくださいました。

何よりも羨ましく思われますのは、素晴らしいパートナー様と巡り会われ、長らくお付き合いされたということでございます。

貴重なご体験の数々、ぜひお聞かせくださいませ。
今後とも宜しくご指導のほど、お願い申し上げます。(馬)

TOP of this page


12月17日(月)
馬之介様からのお便り
初めてお便りいたします。
私は、馬之介といいます。
沼 正三さんや谷 貫太さんというなつかしい名前を見て、昔のことを思い出しています。

私はこの道に入って、はや35年が経とうとしています。
当時「風俗奇譚」に「ある名馬の物語」という小説が連載されていました。作者は森下高茂という作者で、谷 貫太のもう一つのペンネームと聞いております。
彼の小説(主にフランスのSM小説の翻訳が多かったと思います。)には、乗馬にかかわる小説が多く、拍車による責めが随所に表現されていました。馬願望が強い私にとっては、なにより興味ある小説でした。

残念ながら、日本では、人間馬に対して興味をもっている人は、欧米に比べるとまだまだ少ないようです。
このサイトをみて、稀少な同好の志を見つけた気がしています。
時々お便りをいたしますので、今後とも宜しくお願いいたします。
馬之介様
お便りありがとうございました。

「風俗奇譚」に馬派記事が目立ったのは、主筆たる谷貫太=森下高茂氏が馬派であった所為でもありましょうが、やはりそれだけではなく、当時は馬派関連記事を支持する読者が多く存在していたことが大きかったと思われます。

ところが、SMが市民権を得たと言われるようになってからは、何故か急に馬派が衰退したように思われます。不思議でならぬ現象でございます。

弊サイトが、「滅びゆく稀少種」である馬派同志の連帯と情報交換の場として、微少たりともお役に立てば幸いに存じます。

今後とも宜しくお願い申し上げます。(馬)

TOP of this page


12月28日
さいや様からのお便り
馬仙人さま はじめまして HPを楽しく拝見させていただいているものです。
 たまたま面白い画像を見かけましたので、ご興味があるかと思い、お送りいたします。 お気に召しましたらHPにアップしてください。 正確な出典ですが、

Alan of Lille, Anticlaudianus, Verona, Biblioteca Capitolare, MS CCLI, fol.15r になります。
 
【画像】←クリックしてください

これは12世紀の写本ですが、内容は完全な人間を作る夢想をつづった中世の叙事詩で、女性の姿をした理性が五つの感覚をあらわす5頭の馬(図版では何かの間違いで6頭描かれています)を前に、鞭をしごいている、というものです。 (右の玉座に腰掛けているのは、同じ理性です) 

それでは 末筆になりましたが、よいお年を。

さいや
さいや様
お便りと画像、ありがとうございました。
「理性」を象徴するものとしての女性が、奔馬の如き「感覚」を鞭で御そうとしている図、直截な発情を促す絵ではないものの、寓意に富むものとして興味深く感じられます。
2002年、ウマ年も、宜しくお願いいたします。
(馬)
TOP of this page


12月30日
春田様からのお便り
私は、このサイトのフアンです。
わたしもこの道にはいりまして30数年たちます。

私は、犬、とか馬とかの家畜調教に憧れていました。従って、このサイトを楽しみにしていますので、どうかよろしくお願い致します。

このサイトを見て、私も下記のホームページを作成いたしました。
今日、出来たばかりで、申請中ですが、真っ先にご報告いたします。
お暇がありましたら、どうぞ見てください。
今後ともよろしくお願い致します。

 【家畜人の森】 ←クリックしてください
:http://www.kanbikai.com/kachikujin/

春   田
   
春田様
お便りありがとうございました。
貴サイト「家畜人の森」、早速訪ねさせていただきました。
人間馬・人間犬の屋外調教場面など豊富な画像のほか、掲示板や“ぱーとなー募集”など、訪問者が参加することもできる、素敵なサイトですね。

ウマ年の年頭に当り、馬派には何よりの「お年玉」でございます。

(馬)

TOP of this page