Femdom Streets #15
An apprentice boy__ 
年上の女(ひと)、美しすぎる__
May5, 2010______
A ten years old boy is seduced by a lady of twenties to be her page.
It is one of his duties to serve her as her stool when she gets tired or while she gets her boyfriend kiss on her shoes.


PREVIOUS   NEXT → 
back to INDEX of "Femdom Streets"
back to INDEX of GALLERIES
back to MAIN MENU
                      (Nihongo)
back toMAIN MENU
                    (English)


年上の女(ひと)美しすぎる
または
危険なふたり
 ボクは金田正太郎。みんなからは「ショタ」って呼ばれてる。歌舞伎町小学校5年桜組だ。
 ボクも、若い頃はいろいろヤンチャをしたね。拳銃の不法所持でしょ、同行使でしょ、それに車とバイクの無免許運転でしょ・・・。巨大兵器を遠隔操縦して、町の破壊や器物損壊なんかもよくやったもんだ。スカッとするぜ!
 そんなボクだけど、学校の成績は悪くないし、スポーツも得意。それに、自分で言うのもナンだけど、顔もイケてると思うよ。「ショタはハンサムだね」ってよく言われるもの。だから、女の子にも結構モテるんだ。歌舞小
(かぶしょう)の女の子の誰やソレやがボクにお熱だなんてウワサは、しょっちゅう耳に入ってくる。
 でも、ボクの方では彼女らに全く興味はない。悪いけど。だって、ボクはいま、陽子さんに夢中なんだもの。
 
 陽子さんは、同級生の榊君のお姉さん。24歳だから、ボクたちより14歳上だ。ずっとフランスに留学してたけど、最近卒業して、帰ってきたらしい。
 榊君の家に遊びに行って初めて陽子さんに遭ったとき、あんまり美人だったんで、ボーっとしてしまったよ。おかげで、その時、何を話したかなんて覚えてない。けど、気がついたら、次の日曜日に3人で映画を見に行くことになっていた。

 実は、彼女の方でもボクを気にいってくれてたらしい。映画の後に寄った喫茶店で、陽子さんに誘惑されたんだ。それは、榊君がトイレに行っている間のことだった。それまでも、彼女の視線を何となく感じてはいたけれど、榊君が席を離れてしばらくたった頃、陽子さんはふとボクの目を見つめて、歌うように囁いたんだ。
「ショタくんって、可愛いわ」
って。
 ちょっと、ボクを困らせて喜んでるみたいな、イジワルっぽい感じだったな。
 誘惑っ言ったって、たったそれだけ。でも、いま思えば、それが陽子さんの手練手管というヤツだったのかもしれない。その時はちょっとドッキリしただけで、どうってこともなかったけれど、二人と別れた後、あの時の陽子さんの顔や目や声が、思い出されてならなかった。
 次の日ぐらいから、何をしていても、陽子さんのことが頭に浮かぶようになっちゃった。まるで、陽子さんに魔法にかけられたみたいだった。陽子さんに遭いたい、遭いたい、遭いたい、って、そればかり考えてた。ばったり出遭えないものかと、榊君の家の周りを用もなくうろついたりしたもんだ。
 
 その後の曲折は端折(はしょ)るけど、結局ボクは、彼女の弟分みたいな恰好で、彼女にくっついてあちこち一緒に出歩くようになった。
 そんな時、陽子さんは、ボクにきちんとした服装で来るようにって言いつける。彼女はボクを紳士として扱うのだから、ボクの方でも紳士らしい身なりを心がけるべきだ、っていうんだ。だから、上はブレザーにネクタイ。そして、下は半ズボンに白い靴下って決められている。
 紳士なら、半ズボンに白靴下はチョットおかしいんじゃないかって思うけど、陽子さんに言わせると、
「紳士って言ったって、ショタは子どもなんだから、半ズボンでなくちゃダメ」
なんだって。一度長ズボンを穿いて出かけたことがあったけど、陽子さんはものすごくオカンムリで、ほとんど口もきいてくれなかった。あんなこと、一度でこりごりだ。
 身なりだけじゃあない。振る舞いにも、いろいろと注文をつけられた。ボクは、できるだけ言われた通りにふるまおうと努力した。だって、陽子さんに嫌われたくないもの。
 
 陽子さんとボクは、もちろん「恋人同士」なんて関係じゃあない。どちらかというと、お嬢さまと小間使いみたいな関係かな。そんな関係だけど、ボクはイヤじゃない。イヤどころか、陽子さんのためにドアを開けて差し上げたり、荷物を持って差し上げたりすることが、なんだか楽しくて仕方がないんだ。
 ボクがしてあげることに対して、陽子さんからはいちいち「ありがとう」とか「ご苦労さん」なんて言われたりはしないよ。ただ、ときどき、
「とても役に立つ、いい子ね。可愛いわ」
なんて褒めてくれる。すると、ボクは、たまらなく得意な気分になる。
 陽子さんも、そんな風にボクを連れまわし、便利に使うのが、楽しいらしい。
「ショタには、もっといろいろ教えてあげようね。ついてこれるかな?」
年上の、綺麗なお姉さんにそういわれると、ボクはすっかりのぼせ上がってしまう。

 ボクは、このゲームにすっかり夢中になり、のめりこんでいった。いまでは、陽子さんから命じられなくても、陽子さんの視線や表情だけで用向きを察して、てきぱきとこなせるようになったよ。

 たとえば、街を歩いていて、陽子さんが「ちょっと疲れたわ」という顔をするでしょ。近くに喫茶店なんかがあればいいけど、そう都合よく休める場所があるとは限らないよね。そんな時、ボクはすかさず四つん這いになる。陽子さんの椅子代わりを務めるためだ。
 ボクの背中に、ためらうことなく腰を下ろす陽子さん。
 小学生のボクに、大人の女の人がのしかかるンだから、たまンないよね。ボクは思わずよろけそうになる。
 もちろん、よろけたりなんかしないよ。陽子さんはボクを信頼して腰を下ろしてくださったんだ。よろけたりなんかできるもんか。懸命にこらえる。
 長く腰掛けられていると、腕もシビれてくる。でも、できるだけ体を震わせたりしないよう頑張るんだ。陽子さんの体は、そりゃあ重いけど、とびきり綺麗な陽子さんの全部を、背中で支えているんだって思うと、すごく嬉しくて、誇らしい気持ちになるんだ。女の人のお尻に敷かれて誇らしいなんて、ヘンだと思うかもしれないけど、ホントだよ。
 
 実はね、それだけじゃあないんだ。陽子さんの椅子になるのが、楽しくて仕方がないんだ。だって、グラマーな陽子さんの、柔らかくて張りのある、巨きなお尻が、背中にズッシリでしょ。なんだかエッチな気分になっちゃうのは、やむを得ないよね。
 しかも、不思議なことに、さっき言った、
「ボクはいま、とても綺麗な年上の女の人の、お尻に敷かれてるんだ。こんな綺麗な女の人の体全体を下から支えるなんて、なんて名誉なことだろう!」
なんて考えると、なんでか解んないけど、エッチな気分が急上昇するんだ。ナイショだけど、陽子さんに腰掛けられている間中、ボクのアソコはスイッチが入りっぱなし。出動中の鉄人28号状態だよ。ガオ〜ッ!

 言うまでもないけど、陽子さんには、20代のボーイフレンドも何人かいるよ。中でも、陽子さんのお気に入りが、蜂谷さんっていう人だ。陽子さんより3つ年上。でも、陽子さんにぞっこんで、陽子さんのいうことなら、何でも、どんなことでも、「はいはい」って素直に従う。だから、周りからは
「忠犬ハチ公」なんて陰口をたたかれてるらしい。だけど、本人はそのあだ名を全然気にしてないみたい。
「陽子さんに忠犬と思ってもらえたら光栄だよ」
って、この前、蜂谷さんの口から聞いた。その気持ち、今のボクにはよく解かるなあ。

 蜂谷さんは、蜂谷物産っていう大きな会社の、社長の息子なんだって。だから、まだ20代半ばだけど蜂谷物産の子会社の部長サンらしい。ちなみに、蜂谷物産は、陽子さんのお父さんが経営する榊商事のライバル会社だよ。
 そんなわけで、蜂谷さんは家柄もよくて、お金もあるし、しかも、身長が高くてガッシリした体つきだ。学生時代はちょいと名の知れたラガーマンで、スキーやゴルフもプロなみだ。柔道だって、3段の腕前だ。おまけに、イケメンときてる。「いわゆる『女の方でほっとかないタイプ』ってやつね」って、3ヶ月ほど前のお茶会のとき、陽子さんのお友だちがそんな風に言ってたよ。だけど、蜂谷さんは、陽子さん一筋。陽子さんだけが好きで、好きで、他の女の人には見向きもしないんだって。

 そうそう、お茶会っていうのは、陽子さんが、気の置けない女友だちと月に1回ほど開くんだ。時々ボクも、陽子さんに命じられて、給仕を務めたりする。女の人たちからは「大人の給仕より可愛いわ」なんて評判だよ。エヘヘ。

「大人の女の人の話に割り込んだりしてはダメ。黙って、給仕に精を出すのよ」
って、陽子さんには厳しく躾けられている。でも、給仕を務めていると、自然に色んな話が耳に入ってくる。
 たとえば、蜂谷さんも、陽子さんに出会うまでは、次々にいろんな女の人に手を出す、プレイボーイだったらしい。
「でも、私は蜂谷のいう通りにはならなかったわ。逆に、あれこれ、新しいことを教えてあげたの。彼も、それから彼のつきあってきた女の子たちも、知らなかったようなことをね。会うたびに新しい刺激を与えてあげたし、それに、アメとムチを上手に使い分けたから、彼はすぐ私にメロメロになったわ。そうやって、先ずは私に夢中にさせておいてから、あとは、私の好みにかなうよう、みっちり仕込んだのよ」
って陽子さんが言ったら(…って、ボクもよく覚えてるね^^;)、
「なるほど、蜂谷君は陽子に ヒギャクジュンチ されちゃったってわけね。まったく、フランス仕込みの陽子には、流石のプレイボーイも形無しね!」
なんて、お友だちがまぜっ返して、大笑いになったよ。
 それにしても、 ヒギャクジュンチ って何だろ? よく解んないけど、ナンだか、大人の、ちょっと恐い、エッチな世界と関係ありそうで、ドキドキする。

 蜂谷さんも、陽子さんの椅子になることがあるらしい。大きくて頑丈な体つきなので、座り心地は良
(い)いって、陽子さんは言う。でも、椅子代わりに使って楽しいのは、ボクの方なんだって。
「小さなショタが、私に潰されそうになりながら、私のすわり心地が悪くならないように、一生懸命がんばるでしょ。可愛い顔を歪ませてね。そんなとき、ホントにショタは可愛いなって思って、ジーンとくるわ」
って言われた。嬉しいな。

 蜂谷さんは、陽子さんからいろいろ教わって、ますます陽子さんを好きになったみたい。
 ボクも、陽子さんからいろいろ教わった。でも、これからも、もっともっと、陽子さんに色んなことを教えてもらいたいな。蜂谷さんみたいに、陽子さんに気にいってもらえるよう、一生懸命ついていくから・・・ 
……こうして一人の少年が、ヘンタイ道を邁進していくのであった。


PREVIOUS   NEXT → 
back to INDEX of "Femdom Streets"
back to INDEX of GALLERIES
back to MAIN MENU
                      (Nihongo)
back toMAIN MENU
                    (English)