Riding Mistress

Whip & Reins

或白人女性乃妄想
/
Fantasy of a Psychologist
ENGLISH VERSION


妄娘。
もちろん人種差別には反対だし、人は皆平等だなんてことは十分にわきまえている。
でも・・・
褐色の肌の男の子を金で買い、奴隷みたいにして、思う存分いたぶってみたい。

南の国へバカンスに行く。
離れ家風の宿泊施設でセキュリティーもしっかりしたのを10日間予約しておく。
現地についたら、その種の男の子がたむろする浜辺や酒場に出かけて行って、
じっくり選ぶ。
欲しいのは、年下の、とびっきりハンサムで、素質のありそうな坊やだ。
それと、利口な奴でないと困る。見つけるのに三日ぐらいかかるかもしれない。

見つけたら部屋に連れ込んで、一泊二日の契約を結ぶ。
報酬は、奮発して、相場の十倍を約束しよう。ただし、私の要求に耐えられたら払
うという条件。
つまり、成功報酬というわけだ。

手始めに室内で給仕をさせたり、体を揉ませたり、親密な召使として使役する。
午睡の際には大きな団扇で顔を扇がせる。
午睡のあと、シャワーを浴びる時の着替えも手伝わせる。
それから、坊やを裸にして、隅々まで綺麗に洗ってあげる。
もちろん、坊やは私の裸を見て欲情するだろう。
でも、後先考えずに私を襲うような莫迦ではない。

次に、女主人への敬意の表し方を仕込む。
跪かせて靴に接吻させたり、足指や足裏を舐めさせたり、
恥ずかしいことを次々にさせて、私への隷従に段々に馴らしつけていく。
もちろん、坊やは恥ずかしがり、嫌がるだろう。
嫌がっても、成功報酬をちらつかせて、やらせる。
アメとムチを使い分けて、坊やを調教する。
不調法な奉仕ぶりを厳しく叱り付けてやる。
でも、坊やの奉仕の技術が向上し、巧くできたときには褒めてやろう。
負けん気の強いハンサムな坊やを屈服させ、跪かせて、全能の女主人として
君臨するのだ。
私の服従訓練が効を奏して、坊やは、私の足許に跪き、私に辱められることに
喜びを覚えるようになる。
報酬のことなど仄めかさなくても、私のどんな命令にも嬉々として服従するように
なるだろう。

ああ、お金の力は本当に偉大だ。
嫌なことを、金銭で釣ってさせられるからではない。
坊やが
「こんなこと、好きでやっているんではない。お金のために仕方なくやっているんだ」
と、自分自身の自尊心に対して言い訳できるからだ。
「試練に耐えて大金を稼ぐなんて、男らしいじゃないか」
実際には、綺麗な女の人に隷従するっていう、新しく知り始めた奇妙な快楽に夢中。
もうお金なんかどうでもよくなっている。
でも、坊やはそのことに気づかない。

就寝前に坊やと軽い運動をする。もっとも、坊やにとっては軽くないかも。
坊やを馬にして、ハイシドウドウ。部屋中を思いっきり乗り回すのだ。
最初のうちこそ元気一杯に這い回っていた若駒も、ほどなく疲れてきて歩みが
遅くなる。
私はムチで坊やのお尻をたっぷり可愛がり、励ましてやる。
汗に潤う坊やの素肌を、腿でぎゅっと締め付けてやる。
坊やの息遣いがにわかに荒くなる。
疲労困憊したから? 
それとも、私にいたぶられて嬉しいから? 

やがて坊やは音をあげる。もう一歩も進めない。
もちろん私は容赦はしない。
にっこり笑って手綱を引き絞り、坊やの顎をむりやり上げさせる。
心ゆくまで徹底的に責めつける。

馬遊びを堪能したら、寝台に腰掛けてひと休み。
開いた膝の間に坊やを跪かせて、腿の付け根の潤った部分を清めさせる。ティッ
シュペーパーの代わりに、坊やの舌を使って。
坊やに首輪を嵌めて施錠し、狗みたいにベッドの脚に鎖で繋いで、眠る。

次の日の朝がきたら、約束の報酬を払って、私は坊やにすげなくバイバイを言う
だろう。
もちろん、実際には、そんな関係が一日で終るわけがない。
何しろ坊やはもう私に夢中なのだ。私の肢体に。私に与えられる甘美な屈辱の味
に。
昼過ぎ頃、電話がかかってくる。
「俺、帰ってからいろいろ考えたんだ。あんなに貰ったんだから、もう少しサービス
しなくっちゃって。そうでないと、申し訳なくて・・・」
ほら、お金の力は偉大だ。報酬のせいにして、私への奉仕を正当化できる。
これが普段坊やが相手にしているような普通のおばさんだったら、いくらふんだくっ
ても平気なくせに。
坊やは、もう一度私の足許に跪きたくてたまらないのだ。
私は坊やの懇願を叶え、奉仕を許してあげる。

かわいい坊や。
旅先だけの私のペット。
いい奴隷になれるよう、徹底的に仕込んであげよう。
お前は私に仕え、私を歓ばせるために生まれてきた、
私の便利な、万能の、生きた玩具。

私が椅子やソファーに腰掛けるときは、いつも足許に侍らせておこう。
気が向いたらいつでも、
足指や、足裏や、足の甲や、踵を這う美青年の舌の感触を賞味できるように。
トイレにも付き添わせて、膀胱を緩めた後の始末に坊やの舌を使ってみよう。
それから・・・・

こんなことばかり考えている私。
やはり、いけない女なのだろうか........。


PREVIOUS    NEXT
back to INDEX of "Riding Mistress"
back to INDEX of GALLERIES
back to MAIN MENU
                      (Nihongo)
back toMAIN MENU
                    (English)